中立や是々非々な態度は悪い事なのか?



父方の叔父でどうしようもない人がいた。いろんな左派系の反対運動に首を突っ込み、事あるごとに自宅へやって来ては意見を説き散らすので、もう疎ましい存在だった。近年は、デモ活動参加への強引な勧誘、署名活動で勝手に名前を使うなどの問題行動が目立ち始め、親戚中で頭痛の種と化した。思想信条は個人の自由だ。けれども、それを他人に押し付けるのはどうかと思う。我が家では対応に限界を覚え、この叔父と絶縁する事にした


親戚の中には、防衛省関係や警察官もいたため、勝手に名前を使われるとなると問題だった。一方で、同じ父方に真逆の問題児(従兄弟)がいた。いわゆるネトウヨだ。国や郷土を愛する心は素晴らしい事だが、愛し方が偏屈だと異常だ。こちらからすれば、叔父も従兄弟も、戦時体制下の異様な人達と一緒に見え、戦争ゴッコでもしている子供との違いを理解するのに頭を痛めた。一切を拒んだ結果、この二人からは敵対的行為と見なされた


どのような政治的立ち位置であれ、常識に対する姿勢は普遍的なものだと信じていたが違うらしい。どうも、私をはじめとする親戚一同は、上の叔父からすれば極右で、この従兄弟からすれば極左の勢力に見えるらしい。絶縁しても、相続権等の法律的な権利はオレらに残るなんて意味不明な主張をしていたけど…そもそも、あんたらに最初から相続権なんてないんですけど。極端な思考の持ち主は「現実」と言う自分の足元が見えないらしい

冗談宗教を装ったオカルト擬似サイトなので、あまり真に受けないで下さい。

現実と妄想の区別がつかない方の閲覧はお控えください。