夢占いで運命はいくらでも変えられる

人生なんてものは、その時々の状況に応じた選択の積み重ねに過ぎません。後からいくらでも運命は変える事はできます。そもそも、昨晩は吉夢でも今晩は悪夢とならない保障はどこにもありません。夢占いは一寸先は闇とも言える側面があります。でも、悪夢ばかり続くなんてのもありえません。必ず吉夢は巡って来ます。吉夢であろうと悪夢であろうと、取るべき選択とそのタイミングを逃さないように注意さえしていれば良いのです。夢占いを別の何かで例えるなら、卓上ボードゲームでお馴染みの「人生ゲーム」に近いと言えるでしょう。

ただ違う点は一つ、実際の卓上ボードゲームはルーレットを回すことで未来が決まるのに対して、夢占いは数歩先の範囲内にあるマス目を選択肢として自由に選べる点にあります。もちろん、運命なんてものは流動的なものです。選んだ先のマス目の未来は一時的なものです。また、次なる選択肢から望む未来のマス目へ進まなくてはなりません。そうやって選択を繰り返す事で人生は形作られて行くのです。そして、選択ができるのですから運命は後からいくらでも変える事が可能だと言う訳です。

これは、夢占い歴20年の私が至った結論です。一年は365日ありますので、その年に占える夢の数は単純計算で最大で365にも及びます。時々の体調により、夢が見れたり見れなかったりする日はあるかもしれませんが、それでも相当数の夢を見ますのでチャンスは何気に多くあります。もちろん、すべての夢が吉夢になるなんてありえません。でも、悪夢であったとしても適切な選択で危機を回避する事ができれば幸運の道へと繋がります。選択とその行動次第で、悪夢も逆夢だった事に変えてしまうくらい可能なのです。

閲覧の可否はご自身で判断の上、すべて自己責任でお願いします。

掲載してある情報に基づき、何らかの被害が出ても一切関知致しかねます。

現実と妄想の区別のつかない人は閲覧をお控え下さい。