夢占いは守護霊との対話でもある

夢占いは、夢主の深層心理に秘められた情報を活用することで診断を行いますが、判断材料は何もこれだけに限りません。人間は就寝中において霊的な存在から様々な影響を受けています。夢主に所以のあった故人からの守護霊としてのメッセージや、悪霊や怨霊の類からの良からぬ影響までといろいろあります。でも、現実世界を普通に過ごしている限り、多くの方は前者のような守護霊からのものとなります。そのメッセージは称賛から警告までと幅広いものとなりますが、いずれによせ、守護霊からのありがたいものとなります。

吉夢であれ悪夢であれ、きちんとその意思をくみ取り、起床後にただちに行動へ移せば、守護霊は夢主を正しい運命に導くべく奮闘してくれる事でしょう。霊的な影響を受けて見る夢を「霊夢」と言いますが、普通の夢と比べて特徴的な印象と言いますか、極めて鮮明なものとなります。気になった夢、普段見るものと明らかに違う…そう思ったら、その夢は霊夢かもしれません。具体的には、似たような感じの内容の夢を立て続けに見たり、故人そのものが現れ何かを必死に伝えると言った感じのものになります。

霊夢はそうそう見れるものではありませんが、あなたの人生におけるターニングポイントでしばしば見るものです。その後の行動次第で人生が大きく変わるのは言うまでもありません。故に、人間が就寝中に見る夢と言うものは、あの世にもっとも近づける時間帯とも言えます。また、あなたの価値観を凝集させた精神世界のひとつと言えます。普段からの心構え次第で、夢そのものを良質なものへと変え、結果として良い運が連鎖しやすくなるのは言うまでもありません。そして何よりも、規則正しい生活に留意することです。

閲覧の可否はご自身で判断の上、すべて自己責任でお願いします。

掲載してある情報に基づき、何らかの被害が出ても一切関知致しかねます。

現実と妄想の区別のつかない人は閲覧をお控え下さい。