夢日記の付け方と管理方法

夢日記と言いましても、文章を書き綴る必要は一切ありません。見た夢に関する解釈上の見解や所感なども詳しく書く必要もありません。単純にキーワードを書き出して行くだけです。例えば、書店で銀魂の単行本を探す夢を見たなら、書店・銀魂・単行本・探すと言った感じに記録します。とりあえず、キーワードを並べて書き留めておくだけでも、後から夢の内容を思い起こすのが容易になります。この時、前日の夜にアニメ銀魂を見て過ごしていたとしたら、銀魂は現実世界からの影響要素に過ぎませんので除外します。

銀魂には×印を付けて、それ以外のキーワードで夢占いの診断が行えるよう、夢の要素の取捨選択の作業を行います。夢日記は他人に見せるものではありませんので、書いた本人だけが分かれば良いのです。起床直後、寝ぼけ眼の状態で筆記用具を手に持って字を書くのは容易ではありません。小さいサイズだと書きづらいでしょうから、普通の大学ノートで良いでしょう。夢の記憶は起きてからわずか数分で消えて行きます。枕元にでも置いて、起きてからすぐに記録する習慣を身に付けましょう。

別に文章を書いても構いませんが、具体的なことを書き留めておくと、後々、恥ずかしい思いをするかもしれません。万が一、夢日記を家族に発見されて、その内容を見られた場合、場合によっては気まずくなるかもしれません。ただのキーワードの羅列だけであれば、変な意味に取られたり、妙な誤解を与える事はないでしょう。その際の言い訳として「記憶力を高めるための訓練」とでも言って誤魔化しましょう。実際、夢日記は、人間の記憶力を向上させる効果があり、思い出す力を鍛えるのに役立ちます。

閲覧の可否はご自身で判断の上、すべて自己責任でお願いします。

掲載してある情報に基づき、何らかの被害が出ても一切関知致しかねます。

現実と妄想の区別のつかない人は閲覧をお控え下さい。