夢のシンボルから運命の選択肢が提示される

最適とされる睡眠時間には個人差と言うものがあり、人により多少増減しますので一概には言えませんが、おおむね、人生の三分の一は睡眠のために時間を費やすことになると言われています。決して、侮ることはできませんし無駄にすることもできません。睡眠中に得た情報を何らかの形で活かさないともったいない気がします。睡眠は単に体を休めるだけが目的ではありません。就寝中は一定の間隔で、脳で記憶の整理・整頓の作業が行われております。その時に認識される無意識な視覚情報が「夢」なのです。脳に定着させる必要のある情報と、そうでない情報の取捨選択を行う生理的なプロセスと言えます。この点から、夢占いにおける夢のシンボルは、夢主の人生にとって必要のあるものか、そうでないものかに分かれるものとなります。必要のあるものが運命の選択肢を暗示する象徴となります。夢日記の記録を通じて、それを直感で感じ取り、現実生活での行動に反映することで、夢主の人生をより豊かなものに変えてくれるでしょう。例えば、あなたが書店の店員さんだったとしましょう。書店と言う場所や、レジでの接客、書棚の整理と言った行動のシンボルは、現実生活から影響要素に過ぎませんので診断には使えません。しかし、ありえない人や物がオーバーラップするような形で店内に現れたり、夢主自身が非現実的な行動や行為を行ったら、夢占いの診断を行う上で重要なシンボルとなります。売り物の本を床に並べ始めるのは、夢主の職場に対する何らかの感情を意味し、運命の選択肢として、転職による心機一転や、業務改善による現行職務の邁進が示されていることになります。その際の夢主の感情、心の状態によりどちらか適切な選択か変わります。

現実と妄想の区別がつかない方の閲覧はお控え下さい。

掲載してある情報に基づき何らかの被害が出ても一切関知し兼ねます。

すべて自己責任の上で閲覧願います。

このサイトは15歳未満の閲覧は非推奨です。