霊夢の場合に進むべき運命の道

人は一生のうち、数え切れないほどの夢を就寝中に見ます。あまり夢を見ないと言う方も、単に記憶に残らないでいるだけに過ぎません。そんな無数ある夢の中で、生涯を通じて数回は「霊夢」と言う特別な夢と遭遇します。霊感体質の方ですと、その頻度は高くなりますが、どんな人も数回は必ず見ているはずです。多くは、人生のターニングポイントで出現するもので、夢主と所以のあった親類縁者やご先祖様などの守護霊からメッセージとなります。中にはハイヤーセルフからの暗示もあります。また、夢主と無縁な通りすがりの浮遊霊からの影響で見る場合もあります。あまりにも頻度が多い場合は、自宅に霊道ができている可能性があります。いずれにせよ、霊夢は通常の夢とは違います。霊夢そのものが運命の選択肢…と言うよりは、運命の導きを暗示するものと言えるでしょう。素直にその内容に従うことをお勧めします。いわゆる、ナイトメア(悪夢)であった場合は、夢主は尋常ならざる嫌悪感を覚えるはずですので、その場合は夢の内容と真逆な行いを心がければ問題ありません。悪夢に神経質になる必要はありません。過度な不安感に陥らせることこそ、悪夢を見せつける者の目的です。無視をしましょう。素直に内容に従えと言われましても、守護霊は具体的な内容で夢主に伝える事はなく、抽象的で一見すると何を意味するのか分からない感じで現れてきます。でも、難しく思う必要はありません。優しい印象なら夢主に対する賞賛や激励ですので、現在歩んでいる道を迷くことなく進むと良いでしょう。反対に、何かを必死に訴えると言った感じは夢主に対する警告になります。夢主の精進不足や、何か見落としている問題があります。

現実と妄想の区別がつかない方の閲覧はお控え下さい。

掲載してある情報に基づき何らかの被害が出ても一切関知し兼ねます。

すべて自己責任の上で閲覧願います。

このサイトは15歳未満の閲覧は非推奨です。