人物に関する夢占い

夢の中に登場して来る人物は、夢占いの診断を行う際に要となる要素、シンボルです。夢主の人間関係の根本原理を象徴するもので、多くは、過去から現在までに出会った人物が登場して来ます。ただし、人物が現れただけでは診断材料としては使えません。その人物の行動や行為が注目ポイントとなります。夢の中に現れる人物と言うのは、夢主自身の投影の結果でもあります。その際に夢主自身が感じた心の状態、相手に抱いた感情が、現実世界での運命を切り開くヒントとなります。相手に良い印象を感じたら、相手と同じ行いを現実世界でも実践すれば良いでしょう。反対に、悪い印象を感じた場合、多くは、夢主の日頃の行いに対する警告となります。夢の中で相手と争い打ち負かしたとしても、問題の解消を暗示するものではありません。ここは謙虚になり内省しましょう。鏡の法則と言う言葉があるように、相手は自分自身でもあるのです。目覚めの気分を悪く感じたとしても、すべての根本原因は夢主自身にあります。自分を冷静に見つめ、弱点や問題点を発見、補強しましょう。その方が賢い人生を歩めます。人物に関する夢占いの診断は実に単純です。夢主が素直な姿勢になる事で、正しい診断が行えるようになります。運命は良い方向へ変わります。現在、親交のない旧知の人物が登場して来た場合、何らかの警告や忠告を伝えにやって来ているかもしれません。その時の相手の様子や行動をよく思い返して分析しましょう。また、故人が登場して来る夢で、リアルで鮮明な感じのする印象深い夢だった場合は霊夢の可能性が高いです。見知らぬ人物の場合、通りすがりの浮遊霊からの影響によるものなので、際立った特徴がない場合は気にする必要はありません。

by わたしてつや

閲覧の可否はご自身で判断の上、すべて自己責任でお願いします。

掲載してある情報に基づき、何らかの被害が出ても一切関知致しかねます。

現実と妄想の区別のつかない人の閲覧をお控え下さい。