風水をはじめよう

風水と言われると…ほとんどの人は、中国で伝わる古臭い迷信、占いみたいなものと思われている事でしょう。しかし、風水はとても奥深い世界であり、表面的なイメージから想像に及ばないもので満ち溢れています。とりあえず、風水をかんたんに説明しますと、気と呼ばれる不思議な力を持つと信じられているものを流すと、たちまち運が良くなるというものです。気はその字面の通り気体物質のようなものをイメージしますが、それは当たらずとも遠からずと言ったところです。結論を言ってしますと、そこらの空気や水に含まれています。

とどのつまり、風水と言うものは、運を良くするために、家の中の気の流れをコントロールしようと言うものです。ちなみに、それを健康面に特化させたものが漢方です。気は空気のみならず、水との親和性も抜群であるため、人間の血液やリンパ液にも気は流れております。運気と言う言葉あるように、人間関係をはじめとする、あらゆる物事の動きは、気の流れと表裏一体の関係にあります。胡散臭く非科学的なものに思われることでしょうが、古代の人々が経験則的に導き出した、一定の合理性のある法則であるのは間違いありません。

日々の暮らしの中で感じられる傾向や特徴を記録、数百年、数千年と積み重ねられた人間の体験談や、社会の出来事などから法則性を見つけ出し、それを運を良くするために活用しようと言うものです。このため、風水は統計学の一種とも言え、一口に迷信と決めつけられない側面があります。この考え方は、古代の中国のあらゆる分野で広く普及して行きます。東洋占星術や気学、方位学、建築や都市計画、さらには、人間の体に関する分野にも影響を与え、前述の漢方のみならず、気功や太極拳の発展にも寄与します。

閲覧の可否はご自身で判断の上、すべて自己責任でお願いします。

掲載してある情報に基づき、何らかの被害が出ても一切関知致しかねます。

現実と妄想の区別のつかない人は閲覧をお控え下さい。