犬の夢占い

人間にとって一番身近な存在となる動物であるため、出現頻度は他と比べて群を抜いております。犬を飼った経験のない人でも、親近感を覚えたり、動物が苦手な方でも気になる存在だと思います。犬は基本的に人間の集団社会を象徴する生き物で、その生態様式から、良い意味で捉えるなら忠誠と忠義、悪い意味で捉えるなら義務と責任を意味します。夢の中で可愛らしく良い感じの印象であったならば吉夢、吠えられる等、悪い感じの印象であったならば、そのままの通り悪夢や、現状の人間関係に対する警告夢となります。

また、犬種や色も重要で、柴犬や秋田犬、普段の生活でよく見かける雑種などは、普段の日常生活の範囲内での出来事を暗示し、それほどリスクのあるものではありません。しかし、獰猛さが増す犬種になるに従い、普段の日常生活では思いもしないイレギュラーな事態の発生を暗示し、リスクは増して行きます。色は当然、白などの明るい色が良く、茶色、灰色、黒色になるに従い警告的な色彩が強まります。毛並みも大切な要素であり、美しく綺麗な毛並みをした犬は金運や財産運の良好を伝え、悪い場合は対人運や健康運の悪化を伝えます。

犬の年齢も診断するにあたり結果が大きく分かれる要素となります。子犬の場合は家庭内、成犬の場合は学校や会社など家庭外に関するものを暗示する傾向が強くなります。老犬はやや行動力が鈍ることから家庭内や近隣住民にまつわるものに限定されて行きます。夢占いではよく若い犬種が良く、老いた犬種は悪い傾向に診断されがちですが、たとえ、老犬であったとしても悪い感じのものでなければ問題ありません。威風堂々とした感じあれば、夢主の社会的地位の安泰や周囲からの尊敬を意味し、むしろ吉夢と言えるでしょう。

閲覧の可否はご自身で判断の上、すべて自己責任でお願いします。

掲載してある情報に基づき、何らかの被害が出ても一切関知致しかねます。

現実と妄想の区別のつかない人は閲覧をお控え下さい。