兎の夢占い

人生は山あり谷ありと言われるように、数年単位で運勢は変動しているものです。永遠に幸運な状態が続くことはあり得ませんし、その逆もまた然りです。しかし、このような長期的な運勢の変動に対して、数カ月~半年程度の短期的な運勢の変動もあります。人生において、どんなに絶好調なステージに身を置いていたとしても、日々、運勢は微妙に上下に変動しており、長期的に見て運の良い時期でも、短期的に見ると運の悪い日は必ず巡って来ます。どんなに幸運な人でも必ずハプニングに遭遇するように、人の運勢は一定ではありません。

余談は長くなりましたが、このように短期的な運勢の転換期に夢の中に現れやすい動物としてウサギが上げられます。ウサギは夢主の向こう数カ月先の幸運/不運を伝えるシンボルです。夢主に近寄って来て懐いたり、夢主が優しく捕まえて抱っこしたりする夢は、夢主の運勢が短期的に幸運な時期へ転換することを暗示します。逆に、逃げられたり、遠巻きで警戒している様子であった場合は運勢が停滞期へ転換することを暗示します。前者の場合、現状に慢心せず精進することを、後者の場合、夢主の人間的な成長の機会到来とも言えます。

昔、何かの歌の歌詞にもあったように、運勢は三歩進んで二歩後退の繰り返しがちょうど良いのです。大きく飛び跳ねるためには、一端大きく後に下がって再び前に向かって全力で助走をして勢いをつける距離が必要なように、少しくらいの運勢の停滞期はあったの方が良いのです。次なる人生のステージのための準備期間と割り切りましょう。飛び跳ねるウサギはまさにそれを象徴します。ウサギが背を伸ばし、耳をピンと立てる様子を見た場合は、夢主の直感力が増している様子、第六感的な才能の開花を暗示しているかもしれません。

閲覧の可否はご自身で判断の上、すべて自己責任でお願いします。

掲載してある情報に基づき、何らかの被害が出ても一切関知致しかねます。

現実と妄想の区別のつかない人は閲覧をお控え下さい。