山の夢占い

多くの夢占いでも指摘されている通り、山は人生を象徴するシンボルです。青空を背景にした大きな山を遠くから見る夢は、夢主がこれから向かうべき目的地を暗示します。間近で仰ぐように見る山は運命を大きく変えるチャンスの到来を暗示します。ただし、暗雲が垂れ込めている場合は、この先の長期的な運勢がやや難あるものを予告します。この場合、慎重が過ぎるくらいの入念な下調べと事前準備を心がけましょう。何もせずそのまま事態を迎えれば最悪の事態を招きますが、試練に打ち勝てばその先はバラ色の人生です。

山に登る夢は、夢主が現在取り組んでいる課題や問題を象徴、勾配がまさにその難易度を示していると言えるでしょう。見事頂上まで登り切ったならば、夢主の実力に見合ったものと言えます。自信を持って取り組むと良いでしょう。登っている最中、下界を見下ろすのは、それまでの実績や過程が満足の行くものだった事を意味します。反対に山を下る夢は、物事の終焉に向かい次なる人生のステージに向けての準備期間と言えるでしょう。無事下山したなら、それまでの経験を踏まえた新しい目標を早々に打ち立て、新しい運命に挑戦しましょう。

何れにせよ、山の高さがそのまま課題や問題の大きさを象徴します。登山中、転落したり何らかの事態に遭遇した場合は、夢主の準備不足を暗示します。しかし、多くは原点を見直す等、早々に対策を行えば良いだけの話です。挫折を暗示する悪夢ではありません。下山中の事故は夢主の油断や慢心、心の隙から発生する問題を暗示します。最後まで気を引き締めて行きましょう。一般的には富士山が大吉夢とされていますが、見知らぬ山でも大きく神々しい感じがしたら同じです。冬の雪山での行軍はハイリスクを暗示、目標の見直しが必要です。

by わたしてつや

質問箱で個別診断を受付中(´・ω・`)

閲覧の可否はご自身で判断の上、すべて自己責任でお願いします。

掲載してある情報に基づき、何らかの被害が出ても一切関知致しかねます。

現実と妄想の区別のつかない人は閲覧をお控え下さい。