実践編

夢占い>実践編

吉夢と悪夢を判別する方法

夢占いの診断は、まず最初に、自分の見た夢の内容が吉夢なのか悪夢なのかの判別から始めます。単純に、良い感じのした夢が吉夢、悪い感じのした夢が悪夢に思われがちですが…夢占いには「逆夢」と言うものも存在しますので、必ずしも見た夢のイメージ通りとは行きません。悪い感じの夢は高確率でそのままイメージ通りの悪夢となりますが、問題は吉夢と思われる夢が本当に吉夢なのか逆夢と…

夢占い>実践編

夢占いで運命の選択肢を見つける

吉夢と悪夢の判別の次は、運命の選択肢となる糸口を見つけ、それをヒントに現実世界での行動を決めます。吉夢にしろ悪夢にしろ、翌日以降、自分自身が取るべき未来の進路について何がしか暗示が示されています。夢占いは確定された未来を予言するものではありませんので、夢の中での暗示が一つに限定されることは稀です。逆に、夢主が迷うくらい複数パターンも多岐にわたり暗示される事も…

夢占い>実践編

夢の内容を単純化する作業

人間が就寝中に見る夢は、唐突で内容に脈絡がないため、連続性のない不可思議な光景の数々に戸惑うことでしょう。ストーリー性がなく首尾一貫としてないため、夢占いの診断をしようにも、見た夢の内容のどこから手を付けて良いのか迷うかもしれません。でも、ここで深く考え込む必要はありません。自分の直感を信じて、思い付いた順番でも構いませんから、夢のシンボルをどんどん拾って夢…

スポンサー企業様広告

Powered by Google

夢占い>実践編

夢のシンボルから運命の選択肢が提示される

最適とされる睡眠時間には個人差と言うものがあり、人により多少増減しますので一概には言えませんが、おおむね、人生の三分の一は睡眠のために時間を費やすことになると言われています。決して、侮ることはできませんし無駄にすることもできません。睡眠中に得た情報を何らかの形で活かさないともったいない気がします。睡眠は単に体を休めるだけが目的ではありません。就寝中は一定の間…

夢占い>実践編

霊夢の場合に進むべき運命の道

人は一生のうち、数え切れないほどの夢を就寝中に見ます。あまり夢を見ないと言う方も、単に記憶に残らないでいるだけに過ぎません。そんな無数ある夢の中で、生涯を通じて数回は「霊夢」と言う特別な夢と遭遇します。霊感体質の方ですと、その頻度は高くなりますが、どんな人も数回は必ず見ているはずです。多くは、人生のターニングポイントで出現するもので、夢主と所以のあった親類縁…

夢占い>実践編

夢占いの診断で大切な点

夢占いを行う際、何かを見たら願いが叶うだとか注意と言った風に、夢のシンボルばかりに頼った診断がされがちです。実際、夢占いに興味のある人のほとんどが、朝の通勤通学時に「そういえば今朝、こんな夢を見たな」と思い返し、スマホを片手に日頃から関心のある夢占いのサイトで調べ「ふ~ん、そうなんだ」と納得していることでしょう。その方がある意味で楽ですし、純粋かつ気軽に占い…

夢占い>実践編

人物に関する夢占い

夢の中に登場して来る人物は、夢占いの診断を行う際に要となる要素、シンボルです。夢主の人間関係の根本原理を象徴するもので、多くは、過去から現在までに出会った人物が登場して来ます。ただし、人物が現れただけでは診断材料としては使えません。その人物の行動や行為が注目ポイントとなります。夢の中に現れる人物と言うのは、夢主自身の投影の結果でもあります。その際に夢主自身が…

現実と妄想の区別がつかない方の閲覧はお控え下さい。

掲載してある情報に基づき何らかの被害が出ても一切関知し兼ねます。

すべて自己責任の上で閲覧願います。

このサイトは15歳未満の閲覧は非推奨です。